Featured post

ようこそ!大木洵人の公式ブログへ!

このサイトは、手話ビジネスを展開するシュアールグループ代表:大木洵人のブログです。仕事の内容から手話に関する情報、日々の徒然まで気ままに更新中です!(Since 2009年9月5日)

top2

シュアールコーポレートサイト:http://shur.jp
大木洵人公式サイト:http://www.juntoohki.com

slinto

ハイライト記事
日本人初、ロレックス賞ヤングローリエイツを受賞致しました!
米フォーブス誌が選ぶ30歳以下の世界トップ30の社会起業家に選出頂きました!
東アジア初のアショカフェローに選出!
経済産業省より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されました!
「手話通訳士」一発合格!
京都マラソン2014完走!自己ベスト更新!

top1

3回目の靖国神社永代神楽祭に参列しました。

9月18日は私の大伯父の命日で、2年前から私が永代神楽祭に参列をしています。祖父が11年前に亡くなり祖母も体力的に難しくなってしまったため、誰も参列しない状態が続いていました。偶然2年前に永代神楽祭の出欠確認ハガキを祖母の家で見つけて私が参列するようになり、今年で3回目になりました。


初めて参列した時は右も左も分からず、衝撃を受けたことだけは覚えています。同じ命日の方の名前が一人一人呼ばれていくのを聞いていると、自然と心が締め付けられる思いでした。
3回目ともなると、2回目との違いなどを感じる余裕もあり、以前はなかった礼拝のタイミングがあったりと、伝統的な儀式の中でも日々変化をしている事を学びました。
政治家の靖国神社参拝の是非など世間では色々と話題の出る靖国神社ですが、私は一人の遺族として出来る限り大叔父に会いに行きたいと思います。

メイン機をNikon D850にしました!

2017年9月8日に発売されたNikonのD850!9月10日に入手しました!実際には、予約していた分が9月8日には届いていたそうですが、取りに行けずに10日の受け取りになりました。今回はニコン100周年記念のカメラという事で、Nikon側の気合いを感じる1台です!
私はずっとNikonのD3桁台を利用していて、D100→D300→D300s→D810ときて、今回が5代目(台目)です。今回からD3桁としては初めて、D5と同じで内臓フラッシュが消えています。その分、シュッとした顔立ちになっています!
ちなみにフィルムカメラはF4です。F4はF3とF5という巨匠に挟まれて、少し影が薄いですが、個人的には最も手をかければ良い写真の撮れるカメラだと思っています。


今回は、D850とマルチパワーバッテリーパック MB-D18もゲット!メイン機の変更には必須アイテムですね!


D850の本体と付属品は、マニュアル、バッテリー、チャージャー、ストラップ、アイピース、USBケーブル、ボディキャップです。標準的な内容ですね。


万能レンズのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを付けてみました。有効画素数が4575万画素あるので、DXで1946万画素になり、クロップするとD500がそのまま中に入っている事と変わらなくなります。24-120を付けていても、24-180のD500になるのは凄いですね!


そして、次はバッテリーグリップです。本体と単3形ホルダーが入っています。単3形ホルダーを使う事で、単3形電池×8本でも利用する事が出来ます。


見た目がかっこよくなるだけではもちろんなく、縦位置での撮影に力を発揮してくれます!
また、Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18a/EN-EL18bを使用する事で、D850の連続撮影速度が最大約9コマ/秒まで向上します。


しかし、気軽に持ち歩くのが好きな私は明らかに不釣合いですが、AI AF Nikkor 24mm f/2.8Dを付けるのが好きです。


D810は下取りに出したので、お別れをしてきました。一緒に多くの旅をしてきました。海外にも行きましたし、たまに頂く撮影の仕事も一緒に熟してきました。
まだまだ力を残していると思います。次の持ち主の下でも頑張って下さい!


最後にセルフィーツーショット!D810、今までありがとう!!

[モーニングMTG]第1回クロスフィールズ副代表松島由佳

先日、クロスフィールズの共同創業者で副代表の松島由佳さんとモーニングMTGしました!クロスフィールズさんとは、オフィスが400mの距離でご近所さん。由佳とはダボスの本会議に2016年に行った仲。久しぶりにゆっくりと話せて楽しかった!
この日のモーニングMTGのハイライト3点!!

・クロスフィールズは留職だけでなく、今後はソーシャルセクターと企業を繋げる分野で更にサービスの種類を拡大する
・大企業からベンチャーやNPOに来た人とのギャップは、気がついたら彼ら自身に埋めてもらう働き方がオススメ
・国際結婚しても、国籍が変わるわけじゃない。苗字も選択肢が多い!(参考URL


ちなみに、今回、朝食を食べたのは果実園リーベル目黒店。Cセットのフルーツサンドウィッチがめっちゃ美味しかったです!他にもパンケーキモーニングセットなど気になるメニューがあったので、また、行きたいです!
由佳、充実した朝になりました!ありがとう!また、会おう!!

ゼロイチ女子プロジェクトで王さんが来てくれました!

先日、世界経済フォーラムのグローバルシェイパーコミュニティ横浜ハブが行っている「ゼロイチ女子」というプロジェクトの一環で、大学1年生の王さんがシュアールに”一歩先を行く社会人(企業人・起業人)に学ぶ、かばん持ち体験”として、研修に来てくれました!私が福岡ハブのメンバーとして活動をしているので、その関係で横浜ハブから依頼を頂きました。
この日は、社内会議2本、社外会議2本、合間にランチと訪問先近くのカフェでのノマド、プロジェクト課題として私のインタビューと盛りだくさんでしたが、頑張って一緒に回ってくれました!
このように全く関わった事のなかった人が手話ビジネスに、たとえ一日で関わってくれる事は本当に嬉しいですね。社内会議が手話で行われている様子に驚いたそうです。私たちには日常的な事でも、いきなり会議が無音で全て手話だけで進行しているのは珍しい風景だと思います。手話での会議とまでいかなくても、普通の会社の会議に聾者が当たり前に参加していて、手話通訳が付く事が違和感のない世の中に、少しずつでも近付けられればと思います。
王さん、1日、お疲れ様でした!そして、横浜ハブの皆さん、貴重な機会をありがとうございました!

ゼロイチ女子プロジェクトFacebookページ
ゼロイチ女子プロジェクトTwitter

チャリツモ記事掲載

先日、チャリツモに記事が掲載されました。

チャリツモは、一般社団法人チャリティジャパンが運営しているウェブマガジンで、「他人事から自分事へ」をテーマにボランティアライターさんによって作られています。
今回のライターは、ご自身も難聴の子どもを持つShuhizzleさん。”サラリーマンと自営業、アメリカと日本、難聴と健聴といった境目をまたぐことについて感じたことを情報発信”しているそうです。


今回のタイトルは、『「対等って何だろう?」聴者と聴覚障害者が対等な社会を創造する、シュアール大木洵人さんインタビュー』。3ページに渡る大作です。普段はカットされるエピソードも、ほぼそのまま載っています。結構、過激です、苦笑。
1ページ目2ページ目3ページ目

*一部、私が意図した表現と少しずれる部分もありますが、その部分は筆者を尊重して変更せず残しております。