カテゴリー別アーカイブ: ShuR

日本テレビ「the SOCIAL」の放映内容について

日テレ初のネット対応型ニュース番組「the SOCIAL」にて2018年1月30日(火)に弊社の報道がなされました。弊社の製品であるSLintoがメインで取り上げがられているのですが、残念ながら弊社の意図とは違う表現がなされてしまいました。以下、2点(1点は抗議、1点は改善依頼)について弊社の見解を記載させて頂きます。

最初に聞いていた取材意図は1月31日に手話通訳士試験の合格発表がされるタイミングでYahooの検索ランキングに「手話通訳士」が毎年上がるので「手話」について取材をしたいというものでした。そのため弊社としては「手話は日本語とは異なる文法を持つ、独立した言語である」事や「日本語にはない手話独自の表現(「目が安い」など)がある」事などを伝えました。
その中で手話の新語の生まれ方について質問されました。そもそも「日本語の新語」といった場合に、普通は日本語として新しく生まれた単語を指すと思います。「草食系男子」の様に既存単語を組み合わせて新しい別の意味を持つ単語を作る場合や「アラフォー」の様に外国語を独自の言い回しに変えて使う場合など作られ方は様々ですが、どれも日本国内でしか意味は通じません。つまり「Twitter」を「ツイッター」と書く事を新しい日本語の新語とは言わないはずです。その事はきちんと取材時に伝えたはずでしたが、今回の報道タイトルが「手話の新語の作り方 “インスタ映え”は?」となっているにも関わらず、残念ながら「Facebook」や「婚活」をどのように手話で表すのか、つまり日本語(英語)から単語を借用するという部分的な事象だけを取り上げて「手話の新語」と定義されてしまいました。


ただ、取材前には把握できていなかったのですが、今回の取材は日本手話研究所に対しても行われており、彼らの見解も報道内容には含まれている様です。その点に関しては、ジャーナリズムとして複数の視点から取材を行った結果、中立的な立場で報道したと言われると我々としては反論はできません。
しかし、報道の多くの部分が我々への取材内容であっただけに弊社の見解として視聴者に誤解を与える可能性はあり、その点は分けて報道をして頂きたかったと思います。そのため、改善依頼をさせて頂きます。

もう一点、この部分は確実に作意的に私の発言を曲げられている部分があり、抗議したいと思います。



弊社のSLintoはユーザー投稿型の手話辞典であり、新しい手話の単語を作る場所ではありません。ユーザーが新しい手話の単語を作ろうと思えば、その様な使い方もできます。しかし、それは使い方の一部であり、多くの場合が普通の単語(「犬」や「食べる」など)を登録するものです。なので、SLintoの説明に関して取材中に一度も「新しい手話」と私は発言していないにも関わらず、報道では「“(新しい)”手話」とわざわざ括弧付きにして、まるで新しい手話と発言したかのように私のコメントが本来の意味とは違った形で使われました。
一つ目の「手話の単語を登録できる」はユーザーが手話の単語を登録する事が出来るという意味で、ここでの単語は一般的な単語を指します。二つ目の「手話の候補の一覧」は手話キーボードを使って検索した際に、入力した手話のキー(手の形と手の位置)に該当する手話単語の候補一覧の事で、新しい手話の候補では全くありません。

今回の取材は「手話」に関する内容という事で、弊社の告知にならなくて良いので、少しでも手話の正しい認知が広がればという思いから引き受けました。しかし、最終的に弊社の意図と大きく異なり、自分たちの報道したい内容に寄せるために私の発言に本来の意味とは異なる補足を加え、発言を操作した事に関して大変残念に思います。

[報道内容]

手話TV+YouTubeコラボ動画配信!デフWのインターネットのあるある話『テレビ電話』

NPO法人シュアールが運営する手話TVでおなじみの「デフW」が、本日コラボ動画を配信しました!
手話での情報が少ない日本社会において、ろう者が手話で情報を得られる機会は限られています。そのため、手口を知らないがゆえに詐欺などの犯罪に巻き込まれるリスクが高まります。今回はYouTubeチームと手話TVでコラボレーションをし、インターネットの安心・安全な活用促進のために動画を手話コメディーとして作成しました。テーマは、インターネットのあるある話『テレビ電話』です。「テレビ電話をしている時に個人情報が漏れる可能性がある」という事を手話漫才で伝えています。


[デフWのインターネットのあるある話『テレビ電話』]

「インターネットの安全」を広めるために、ぜひ、シェアしてください!
また、インターネットに関して不安や悩みなどがございましたら、ご遠慮なくYouTubeのコメント欄にご投稿ください。お待ちしております!

コラボ動画

デフカルチャースクールにて「クラフトバンド」ワークショップ開催!「新年ヨガ」も参加者募集中!

デフカルチャースクールの新たなワークショップとして「クラフトハンド」を開催します!今回のワークショップでは、ギフトに最適な持ち手つきトレーを作ります!

クラフトバンドとは、牛乳パックや、小麦の袋などの再生紙でできている地球環境に優しいエコな紙紐のことです。優しい紙材料と身近な道具で本格的な作品が出来上がります。紙とは思えないしっかりとした仕上がりになります!ご自身の小物入れやちょっとしたギフトにも喜ばれる作品です!ぜひ一緒に作ってみませんか?色は、白色をベースになります。ラインの色や飾りはご自身で数種類の中から選んで作成頂けます!初めての方でも丁寧に手話で学べますので、ぜひご体験ください!

講座はクラフトバンドエコロジー協会認定講師の水藤みつみ氏に担当して頂きます。水藤さんは聴者ですが、ろう児の母親でもあり、日常的に手話を利用されているとの事で、今回は全ての講座を手話でして頂きます!

■クラフトバンドワークショップ
<日時>
2018年3月3日(土)
13:00~15:00(120分)

<場所>
東京都品川区上大崎4-5-37 山京目黒ビル305
東急目黒線 「不動前」駅 徒歩6分
JR山手線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線 「目黒」駅 徒歩8分
JR山手線・都営地下鉄浅草線 「五反田」駅 徒歩10分
※駐車場はございません。

<募集〆切>
2018年2月23日(金) 17時

[クラフトバンドワークショップ詳細]


また、こちらは恒例となっている和田典子先生のヨガ講座も新年ヨガワークショップを開催します!こちらも併せて御参加ください!

■新年ヨガワークショップ
<日時>
2018年1月21日(日)
①「コア強化」 10:30~12:00(90分)
②「太陽礼拝」 13:00~14:30(90分)

<場所>
ヨガプロップス
東京都世田谷区大原1-25-4エタニティ大原4F
※京王線代田橋駅より徒歩5分

<募集〆切>
2018年1月17日(水) 17時

[新年ヨガワークショップ詳細]

一緒に働く「ろう社員」を募集しています!

株式会社シュアールでは、遠隔手話通訳サービスをメインにサービスのマーケティングを担う、ろうの社員を募集しています。

「手話通訳をもっと社会に広めたい、そのための仕事がしたい」

「ろう者とも聴者とも関わりながら仕事をしたい」

「コミュニケーション力、日本手話力を活かして働きたい」

という方、ぜひシュアールで一緒に働いてみませんか?
シュアールのサービス利用者である、ろうの皆さんに対して、プロダクトの認知度向上、利用頻度向上のためのマーケティングがメイン業務になります。マーケティングを行う上で他社の聴者とも一緒に仕事をする事になりますので、聴者のビジネスマナーへの理解や日本語力も求められますが、社内はほとんどが手話の出来る特殊な職場環境です。まだまだ小さな会社ですので、日々、挑戦の連続ですが、一緒にチャレンジをしてくれるメンバーを募集しています!
条件などの詳細はシュアールグループのブログをチェックして下さい!

[シュアールグループブログ記事]

また、ハローワークでも募集をしています。ハローワークの求人も参考にして下さい。

[ハローワークの求人]

インフルエンザ予防接種完了!ナビタスクリニック新宿なら駅直結で手話もOK!!

インフルエンザの予防接種を受けてきました!
体調を崩してしまうと仕事にもプライベートにも悪影響が出るので早めに対策をしたいと思っていました。ただ、どうしても仕事の都合で予防接種のために病院に行く時間を作れていなかったのですが、ナビタスクリニック新宿は新宿駅直結のバスタの上にあるので仕事の合間にサクッと立ち寄れ、すぐにインフルエンザの予防接種を受けられました!

そして、ナビタスクリニック新宿では、シュアールの遠隔手話通訳が無料で予約不要で利用できるので、ろうの人でも仕事の合間や急な体調不良でも、手話通訳派遣をしなくても手話で受診する事が出来ます!(対応時間は9時から17時の間です)

年末は12月30日まで、年始は1月3日から診療出来るそうです。詳細は、以下のリンクより御確認下さい。
ナビタスクリニック新宿 年末年始のご案内

予約は以下のリンクからネット経由で出来ます。インフルエンザの予防接種は事前予約が必要なので、お気を付けて下さい。
ナビタスクリニック新宿 Web予約