Monthly Archives: August 2012

日経新聞「時流地流」に記事掲載

本日の日本経済新聞「時流地流」(33面)に社会保障を変える「起業家」として特集して頂きました。

現在展開中のテルテルコンシェルジュを中心に、手話サークルを立ち上げた話からアショカ・フェロー選出の話まで書いて頂きました。
「各地で今、子育てや介護、就労支援などで社会起業に挑む若者が次々と現れている。地域で活動する彼らのサービスを試してみることが、行政頼みではない、草の根の社会保証改革の第一歩になるかもしれない。」と記事は締めくくられています。社会起業塾の仲間たちをはじめ、社会課題を解決しうるサービスが次々と生み出されていると思います。我々のサービスが広がる事で課題解決に繋がり、新しい社会保障の礎となれればと思います。
今後も、頑張っていきます!応援を宜しくお願い致します!.

9月1日群馬県高崎市にて凱旋講演!

9月1日(土)10時半から私の地元、群馬県高崎市で講演する事になりました!私の高崎高校時代の元後輩で同級生の大宮透君が行っている「考える学生プロジェクト」主催『マチナカ・ダイアログ』の記念すべき第一回目のスピーカーに選んで頂きました(マチナカ・ダイアログ vol.1 -高崎発、若き社会起業家を囲む-

大宮君は私の一学年下でしたが、私の留学前からの付き合いになります。私が立ち上げた写真部は、大会で賞を受賞したり、文化祭の人気投票2位になる等、多くの実績を残していました。ただ、創設間もないという理由で生徒会から年間の部費が4000円、部室無しという酷い扱いを受けていました。しかし、大宮君が生徒会長に就任した際に、以前より私の写真部への想いを見ていた彼は、超法規的に生徒会印刷室を写真部の部室として提供し、年間の部費も5万円まで引き上げてくれました。頑張っている人には応えずにはいられない、とても熱い男です。その上、生徒会長という激務の中、センター試験直前までバンドのライブ活動をし、東大にも合格をした天才にして努力家です。東日本大震災後は陸前高田まちのリビングプロジェクト「りくカフェ」に携わり大活躍したそうです。彼と再びコラボ出来る事を心から嬉しく思います。
群馬なので遠方の方は難しいと思いますが、近くの方は是非、おいで下さい!申し込みフォームはこちらです!.

第29回全国高校生の手話によるスピーチコンテストにてブース設置!

第29回全国高校生の手話によるスピーチコンテストにて、NECさんと共同でブースを出させて頂きました!
本イベントには昨年も技術協力として関わらせて頂き、被災地と東京会場をインターネットを用いたテレビ電話で繋ぎ、全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長のインタビューをお手伝いしました(ブログ記事)。今年は、NECさんが自社製品を紹介するブースを出展するという事で、一緒にシュアールの事業についても御紹介させて頂きました(NEC様サイト内プレスリリース)。

シュアールグループは、ETIC.主催の社会起業塾イニシアティブにNEC社会起業塾枠で2010年度に参加させて頂きました。これまでも実証実験への機材協力やプレス支援などをして頂いています。

本日、ブースの準備や案内などがあり、全てのスピーチを聞けたわけではありませんが、高校生の皆さんの頑張りに感動しました!今後、彼らが手話に関わって行ってくれる事を嬉しく思います。コンテストの他に、聴覚障がい者で宇宙航空研究開発機構(JAXA)にて開発員をされている長谷川晃子さんの基調講演や、昨年に引き続き御越しになられた文仁親王妃紀子様の手話によるスピーチもありました。

結果は以下の通りですが、決勝に進出された皆さん、応募をされた全ての皆さん、本当にお疲れ様でした!これからも頑張って下さい!

■結果
1位:池田奈月子さん(坂出第一高2年)
2位:大野奈緒さん(滋賀県立八幡高3年)
3位:木村愛恵さん(兵庫県播磨高3年)
奨励賞:工藤友香里さん(宮崎県立延岡青朋高3年)、伊藤悦子さん(東京都立大泉桜高3年).

六本木ヒルズとヴィーナスフォートにて遠隔手話通訳が御利用頂けます!

現在、手話・英語・中国語・韓国語の通訳に利用できるテルテルコンシェルジュが、六本木ヒルズヴィーナスフォート表参道ヒルズラフォーレ原宿で利用できます。そこで、実際に使われている状況を確認するために、六本木ヒルズとヴィーナスフォートに行ってみました!


まずはヴィーナスフォートです。ここでは5台が利用されています。1台は館内を巡回しているマルチクルー持っているiPadに入っています。他の4台は各店舗に設置されています。


そして次は六本木ヒルズです。ここでは二ヶ所ある六本木ヒルズインフォメーションセンターに設置されています。総合インフォメーションでは二台設置し、同時に二組が利用出来るようになっていました!


もう一つのインフォメーションデスクにも一台設置されています。このような小さなインフォメーションデスクにも設置されているのは素晴らしいですね!是非、外国人だけでなく、ろう者の方にも利用して頂けたら嬉しく思います。


六本木ヒルズのような今まで手話通訳が設置されていなかった場所でも、少しずつ遠隔手話通訳が利用出来る環境が整ってきた事を本当に嬉しく思います。シュアールを始めてからもうすぐ四年が経ちます。経験も実績も何もない中、着実に前進してきました。そして、今、やっとここまで来れました。これからもどんどん進歩出来るように日々頑張っていこうと思います!.

スタート・ビズ・ジャパン記事掲載!

先日、START BIZ JAPANに記事を掲載して頂きました(記事)!中学二年生の手話との出会いから、今月の川崎コールセンター開設まで丁寧に書いて頂きました!当初はアショカ・フェロー選出前に掲載予定だったのですが、色々あって延びてしまったので改めて取材をし直して頂き、今回の公開になりました。
スタート・ビズ・ジャパンは今年始まった新しいスタートアップ系のニュースサイトです。サムライインキュベート榊原健太郎さんAISSY鈴木隆一さんシェアゼロ中川亮さん等、私の知り合いも多く特集されていました。今後、記事が増えていくと思うので注目してみて下さい!.