Monthly Archives: August 2017

[モーニングMTG]第1回クロスフィールズ副代表松島由佳

先日、クロスフィールズの共同創業者で副代表の松島由佳さんとモーニングMTGしました!クロスフィールズさんとは、オフィスが400mの距離でご近所さん。由佳とはダボスの本会議に2016年に行った仲。久しぶりにゆっくりと話せて楽しかった!
この日のモーニングMTGのハイライト3点!!

・クロスフィールズは留職だけでなく、今後はソーシャルセクターと企業を繋げる分野で更にサービスの種類を拡大する
・大企業からベンチャーやNPOに来た人とのギャップは、気がついたら彼ら自身に埋めてもらう働き方がオススメ
・国際結婚しても、国籍が変わるわけじゃない。苗字も選択肢が多い!(参考URL


ちなみに、今回、朝食を食べたのは果実園リーベル目黒店。Cセットのフルーツサンドウィッチがめっちゃ美味しかったです!他にもパンケーキモーニングセットなど気になるメニューがあったので、また、行きたいです!
由佳、充実した朝になりました!ありがとう!また、会おう!!

ゼロイチ女子プロジェクトで王さんが来てくれました!

先日、世界経済フォーラムのグローバルシェイパーコミュニティ横浜ハブが行っている「ゼロイチ女子」というプロジェクトの一環で、大学1年生の王さんがシュアールに”一歩先を行く社会人(企業人・起業人)に学ぶ、かばん持ち体験”として、研修に来てくれました!私が福岡ハブのメンバーとして活動をしているので、その関係で横浜ハブから依頼を頂きました。
この日は、社内会議2本、社外会議2本、合間にランチと訪問先近くのカフェでのノマド、プロジェクト課題として私のインタビューと盛りだくさんでしたが、頑張って一緒に回ってくれました!
このように全く関わった事のなかった人が手話ビジネスに、たとえ一日で関わってくれる事は本当に嬉しいですね。社内会議が手話で行われている様子に驚いたそうです。私たちには日常的な事でも、いきなり会議が無音で全て手話だけで進行しているのは珍しい風景だと思います。手話での会議とまでいかなくても、普通の会社の会議に聾者が当たり前に参加していて、手話通訳が付く事が違和感のない世の中に、少しずつでも近付けられればと思います。
王さん、1日、お疲れ様でした!そして、横浜ハブの皆さん、貴重な機会をありがとうございました!

ゼロイチ女子プロジェクトFacebookページ
ゼロイチ女子プロジェクトTwitter

チャリツモ記事掲載

先日、チャリツモに記事が掲載されました。

チャリツモは、一般社団法人チャリティジャパンが運営しているウェブマガジンで、「他人事から自分事へ」をテーマにボランティアライターさんによって作られています。
今回のライターは、ご自身も難聴の子どもを持つShuhizzleさん。”サラリーマンと自営業、アメリカと日本、難聴と健聴といった境目をまたぐことについて感じたことを情報発信”しているそうです。


今回のタイトルは、『「対等って何だろう?」聴者と聴覚障害者が対等な社会を創造する、シュアール大木洵人さんインタビュー』。3ページに渡る大作です。普段はカットされるエピソードも、ほぼそのまま載っています。結構、過激です、苦笑。
1ページ目2ページ目3ページ目

*一部、私が意図した表現と少しずれる部分もありますが、その部分は筆者を尊重して変更せず残しております。

日本財団電話リレーサービス2000人追加募集!

本日の正午から、日本財団の電話リレーサービスが追加で2000人の利用者を募集をしています。こちらから、申込フォームに記載して下さい!
電話リレーサービスとは、音を使ったコミュニケーション手段である電話を利用しにく聴覚障がい者に対して、パソコンやスマートフォンのテレビ電話機能や文字チャット機能を使って、手話通訳オペレーターや文字オペレーターが聴覚障がい者に変わり、電話を代行するサービスです。日本財団では聴覚障がい者自身が登録する事で無料で電話を代行するサービスを実施しています。
シュアールは受託団体7社のうちの1社として手話専門で対応させて頂いております。日本財団に登録をすると他社さんを含め自由に利用できるようになり、手話や文字で電話を代行してもらえるようになります。通訳料は無料で、負担は通信費だけです。この機会に是非とも登録をしてみて下さい!
聴覚障がい者の電話のバリアフリー化の流れは加速しており、2015年10月に花王グループ様が手話相談窓口を開設されました。


詳細は、この動画で日本財団が手話と日本語で告知しています!是非、見てみて下さい!

追記:13:06現在、申込フォームがサーバーダウン中です。ニーズが高いからだと思いますが、早く復活すると嬉しいですね!