Category Archives: Academic

慶應義塾EDGEプログラムにて登壇しました!

今月の5日に開催された慶應義塾EDGEプログラム春期GIFワークショップ(KEIO SFC EDGE Global Innovators Course Global Innovation Forum Spring 2015)内にて開催されたシンポジウムにて講演とパネルディスカッションをさせて頂きました。
この企画は「グローバルアントレプレナー育成促進事業」として文部科学省から慶應義塾大学が請け負っている事業で、2015年春期のプログラムは4日間でビジネスプランを発表するワークショップを行ったそうです。本プログラムはディスカッションから全て英語で行われていました。

20150325EDGE-2
私は最終日に開催されたシンポジウムに参加しましたが、全体のテーマが「イノベーションの必要性(Why Innovation?)」で、私のセッションのテーマが「Fitting In: リードすべきは技術か文化か?(Does technology lead or does culture?)」でした。私が取り組んでいる手話の課題は近年のITの進歩によって格段に改善できる面が増えているので、その事業背景とシュアールが解決に向けて行っている活動を約20分の講演をさせて頂きました。その後、TOTO株式会社研究担当部長の豊貞佳奈子さん、ノースイースタン大学教授のラヴィ・ラマムティさん、ベルグラノ大学建築科アーバンプロジェクト教授の喜納リカルドさん、フィリピン・ロス・バニョス大学准教授のネリオ・アルトベロスさんと一緒にパネルディスカッションをさせて頂き、最後に会場からのQ&Aに答えました。一緒に登壇された皆さんが、知識豊富で、素晴らしい活動をされている方々ばかりで、パネラーであるはずの私がたくさん学ばせて頂きました。
日本で開催される英語メインのイベントは珍しいので、不思議な感じでしたが、とても刺激になりました。このようなイベントが今後も増えていく事を期待しています!

SFCのパンフレットに掲載されました!

今年度も終わりに近づいていますが、本年度の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)のパンフレットに掲載して頂きました!
今年のSFC受験は10日ほど前に終わっていますが、彼らに配布されたものと思います。
20140423SFC2

毎年3名の卒業生が受験を検討している受験生に向けて自分のキャリアを紹介している『日本、そして世界で活躍する、SFCの卒業生たち。』というコーナーで、今年度はNASAエイムズ研究所研究員の藤島皓介さん(2005年環境情報学部卒)とBEYOND Tomorrowを行っている一般財団法人教育支援グローバル基金理事・事務局長の坪内南さん(2000年総合政策学部卒)と御一緒させて頂きました。
また、ほぼ同じ内容が『夢を実現している卒業生』としてSFCのウェブページにも掲載して頂きました。

もう在庫がほとんどないかと思いますが、もし慶應義塾大学に用事があった際に見かけたら手に取ってみて下さい。過去には大先輩の楽天創業副社長の本城慎之介さんや棋士の梅沢(吉原)由香里さんも掲載されています。来年度は誰が出るのでしょうか。
改めてSFCコミュニティーの素晴らしさを感じました。その中で選んで頂けたことに感謝です。来年度からSFCに入学される皆様、一緒に頑張りましょう!!

東京大学大学院情報学環教育部、修了!

先日、東京工業大学CUMOTを修了した事をご報告しましたが、実は2年前から東京大学大学院情報学環教育部の研究生もしていました。学環教育部は東大の中でも珍しく、大学院の中に学部生から社会人までが学ぶ第二専攻として用意されている教育機関です。歴史は古く、第一期生(当時:東京帝国大学新聞研究所)には読売新聞の渡邉恒雄氏がおり、他にもOBGにはソフトバンクのホワイト家族24を手掛けた電通のCMプランナー澤本嘉光氏やアナウンサーの草野仁氏などがいます。毎年、入学試験があり、30名が選抜されます。半数以上が現役の東大生で、残りを他大生や社会人が占めます。今年は29名が修了し、史上最高の修了者数だったのではないかと言われています。

20130319todai2
2年間で24単位を取れると修了なのですが、私は1年半で単位をほぼ取り終え、最後に特別演習レポートが認められたので、無事に修了出来ました!そのため、実際には2年間通っていたわけではありませんが、慶應義塾大学とは少し違った学校の雰囲気を味わいました。SFCでは経営学を専攻しながら学生起業をしていたこともあり、授業≒事業になっている面がありましたが、東大では全く違う分野の学習だったので新鮮でした。

20130319todai5
学習した内容は、古書を掘り下げて読み込んだり、電通や博報堂の方から広告について学んだり、Androidのアプリを開発したり、福島県の土湯温泉の復興をアートで行うプロジェクトで現地に行ったり、日産に対して企画提案をしたりと、本当に幅広かったです。一つ一つの授業が個性的で、充実していました。

20130319todai3
研究生の皆さんは、本当にオンとオフの切り替えが激しく、本気で学び、本気でふざけてました。私も合宿では遅くまで飲んで、山奥の温泉にみんなで行って、卓球して、ゲームしてと、久しぶりに大学生時代のようにはしゃぎました。仕事の都合で、イベントにあまり参加できなかったのが残念でした。

特にヴァルター・ベンヤミンの『複製技術時代の芸術作品』を13週に亘り輪読したのは楽しかったです。一文一文、解釈していき全員で議論をするのは良い経験でした。同じ文章を読んでも多くの解釈が存在し、勉強になりました。そして、1936年に書かれた本であるにも関わらず、現在の「アナログ→デジタル」にも通ずる考えがありました。ベンヤミンの言うアウラが、このデジタル社会では何を表すことになるのか、今でも考え続けています。

母校と呼べる場所が新たに増えました。改めて、学習する機会は常に作っていかなければと思いました。
2年間という短い間ではありましたが、とても楽しかったです。先生方、事務の方々、一緒に学んだ研究生の皆さん、ありがとうございました。
20130319todai4

東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科CUMOT「エッセンシャルMOTコース」修了!

昨年の4月より通っていた東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科のCUMOTエッセンシャルMOTコースを3月12日に無事に修了する事が出来ました。これは東京工業大学の社会人教育院が行っているCertificate Programで、私は第6期生になるそうです。
学生起業をしているので、いわゆる「新入社員教育」を受ける機会がなかったので、常に自分で学習する機会を作り続けていかなければならないと思っています。そこで、ビジネスと技術に関するMOTの初歩が学べるという事で、週一2時間の本コースに通い始めました。
内容は組織マネジメントから特許戦略、ビジネスエコシステムまで、まさにMOTのエッセンスが詰まっていて、一つのテーマにつき3回ほどの講義を受けました。先生もテーマごとに毎回変わっていきます。全部で30コマ以上ある講義のうち75%以上出席をしないと修了出来ないため、スケジュールを調整するのは大変でしたが勉強になりました。まさに実学で、学んだ事の多くがすぐに実践できるものでした。

20140313CUMOT1
今年のメンバーは全部で19名おり、ベンチャーの経営者から大企業のサラリーマン、中小企業のマネージャー職の方まで様々でした。分野の違う人が集まって議論するのは、とても刺激になりました。毎週水曜日の夜に田町でみんなで集まる事がなくなると思うと寂しいですね。

トップの写真は藤村修三東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科長と。一年間、お世話になりました!学んだ事を現場で活かしながら、(少し休憩を頂いて……)勉強も頑張り続けます!

ちなみに、東京工業大学は英語でTokyo Institute of Technologyと書き、略すとTITになります。マサチューセッツ工科大学はよくMITと言われますが、あれはMassachusetts Institute of Technologyの略称です。「工業」と「工科」が違いますがMITの東京版が東京工業大学なのですね。英語版の修了証をもらって改めて気が付きました!意外と意識しないで使っている言葉って多いですね。