カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

ダイアログ・イン・ザ・ダーク Showcase for 2020 Tokyo 暗闇で感じる日本文化に招待して頂きました!

以前、一緒に対談をさせて頂いたアショカ・フェローの先輩であるアンドレアス・ハイネッケ(Andreas Heinecke)が立ち上げたダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)。昨年の8月末で常設の外苑前会場が閉鎖されましたが、移転した東京浅草橋のTokyo Diversity Lab.に初めて参加させて頂きました。

[対談に関する記事]

ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、真っ暗な空間を作り、その中で対話を通して偏見や異文化を受け入れあう経験を体験する企画です。暗闇の中では視覚障がい者のガイドに従って、プログラムが進行します。視覚障がい者にとっては見えない世界が普通なのですが、視力のある人から見ると視界0での活動は困難を極めます。視覚障がい者の世界を体験できる興味深い経験です。しかし、それだけではなく彼らの高いポテンシャルに気付かされます。このプログラムに参加した多くの人が「障がい者だと思っていた人たちが本当に優秀で驚いた」という事を言っています。
障がい者を可哀そうな人として考えるのではなく、彼らのポテンシャルを引き出して活躍できる環境を作るという考えは我々の活動と通するものがあり、大変に参考にさせて頂いています。


今回は、日経ソーシャルイニシアティブ大賞(現、日経ソーシャルビジネスコンテスト)でお世話になった若林さんに招待を頂きました。今回のテーマは「暗闇で感じる日本文化」で、ダイアログ・イン・ザ・ダーク Showcase for 2020 Tokyoと称してオリンピック・パラリンピックを見据えた内容になっていました。私自身は4回目の参加になりましたが、テーマが変わるので飽きることなく毎回楽しませて頂ています。
ETIC.経由で日本代表の志村真介さんとも仲良くさせて頂いており、一緒にオリンピック・パラリンピックに向けて、活動していこうという話もさせて頂きました!

[日経ソーシャルイニシアティブ大賞国内部門賞受賞報告]


今回は、暗闇で書初めにチャレンジです。今年の目標を漢字1文字で!と言われて、悩みましたが今年は色々と選択をしていく大切な年だと思ったので「選」に決めました。暗闇で墨を磨り、色紙の裏表の感覚を味わい(結果、間違えて裏に書きました…)、文字を書くのは、普段から何気なくしている文字を書く行為を振り返る良い機会でした。暗闇で書いたにしては、良い出来になったのではないかと思います!(明るいところで書いても大して変わらないだろう、とのツッコミは無しで!)


今回は聴覚障がい者の活動仲間の今井絵理子議員も参加されていました。今井さんとは議員になられた直後から意見交換をさせて頂いているので、定期的に会っていますが逆に一緒に写真を撮る機会ってあまりなかったので、久しぶりのツーショット!今井さんの今年の漢字は「楽」!”らく”ではなく”たのしむ”との事でしたので、一緒に楽しみながら聴覚障がい者と聴者の対等社会を作っていけるように、私たちシュアールも頑張っていきたいと思います!

ニューズウィーク日本版、毎日新聞、SINRA記事掲載

最近、ニューズウィーク日本版、毎日新聞、SINRAに記事を取り上げて頂きました。ニューズウィークと毎日新聞は私も記事が出ている事を把握できず、知り合いから教えてもらって知ったので、少しタイムリーではなくなってしまいましたが…。


ニューズウィーク日本版(5/23号)は、先日、アメリカ版に取りあげて頂いた記事が日本版に逆輸入された形でした。内容は、基本的に同じで、スリントのサービス紹介です。英語版では読めなかった方も是非!


そして、毎日新聞(5/22号)のけいざいフラッシュに取り上げて頂きました。次回のロレックス賞の応募を呼びかける記事に、今回の受賞者として写真付きで少しだけ取り上げて頂きました。


そして、こちらも同じくロレックス関係の記事で、SINRA(2017年7月号)にも取材を頂きました。SINRAはアウトドアや自然をテーマにした新潮社の雑誌ですが、もともとロレックス賞が冒険家に出されていた賞だという繋がりから、今回は取材を頂きました。


今回取り上げて頂いたのは、全てロレックス賞関係の記事です。このように、ロレックス賞を受賞すると今まで取り上げられる事の少なかったタイプのメディアにも取り上げて頂ける機会が増えるので、自らが取り組んでいる問題を広く知ってもらう機会になります。多くの人に問題を知ってもらう事で課題解決が早まる事はよくあります。6月末の締め切りに今からでも間に合いますので、応募を悩んでいる方は是非、ロレックス賞に応募してみて下さい!
ロレックス賞応募フォーム

公文式のWEBサイト「KUMON NOW」記事掲載

公文式のウェブページKUMON NOWにインタビュー記事が掲載されました!「OB・OGインタビューCatch the Dream – 夢をかなえる力」というコーナーです。

私は小学校1年生から公文式を始め、小学校4年生くらいまで特に集中して学習していました(一応、10年くらい在籍はしましたが)。小3の終わりまでに中3までの9年間分の算数・数学を学ぶなど、「自分に合ったペースで学習できる」という公文の良さを存分に経験した一人だと自負しています。その証拠に、私の影響で逆に母が公文の指導者になったほどです。

20160921kumon-1
今回の取材は、今年受賞した「日経ソーシャルイニシアティブ大賞」の会場で公文の鳥居さんにお会いし、実現しました。鳥居さんは私の親友のとも仲が良いそうで、偉い方なのに気さくでパワフルな方です。これからも宜しくお願いします!(お土産もありがとうございました!)

20160921kumon-2
記事の24時間ランキングで2位になりましたが、1位が聾者の女優の貴田みどりさんでしたので、手話関係者が1位、2位獲得です!彼女がリオパラリンピックのNHK手話キャスターを務めていたので、そのタイミングで一気に記事のViewが伸びたのだと思います。手話が上位独占は嬉しいですね!

過去に自分が学んでいた公文から、このような形でOB・OGとして取り上げて頂き、関係が継続できるのは本当に嬉しいです。公文の先生になった母へも多少の親孝行になったと思います。貴重な機会を頂いた公文式の皆様、鳥居さんには改めて感謝を申し上げます。

前編-1 ITを活用した手話通訳から手話のエンタメまで手掛ける
前編-2 “聞こえない人”といっても人それぞれ
前編-3 人生観にも影響した公文での学習体験

後編-1 高校時代の米国留学体験が大きな転機に
後編-2 大学入学後に手話サークルを立ち上げて紅白出演
後編-3 あせらずに待つこと、親自身も夢を持つこと

手話で学べるヨガ教室!9月16日締切!急いで下さい!!

昨年の11月にクラウドファンディングサイトReadyfor?にて多くの皆様に御協力を頂き、開校したデフカルチャースクールですが、現在はヨガの講座を募集しています。9月30日(金)より隔週金曜日の19時から20時半で開催し、全部で6回のコースになります。場所は、JR五反田駅、JR目黒駅、目黒線不動前駅の3駅からアクセスのよい大崎第一地域センターです!
手話通訳士の資格を持つヨガ講師が手話のみでヨガを教えます!ヨガを学びたかったけど、聴者に混ざって日本語で学ぶことに抵抗のあったろう者も、手話とヨガを同時に学びたい聴者の方も、是非この機会にヨガを始めてみませんか?(逆に日本語の音声は付きませんので、手話がわからない方の参加は難しいと思います。申し訳ありません。)
実は締切が明日に迫っています!申込時に『大木のブログを見た』で特典が付きます!特典の内容は申込後のお楽しみです!皆さんの御参加を心からお待ちしております!!

20160915dcs-yoga-1

<講座概要>
■日時
 9月30日(金)~12月9日(金) 
 隔週金曜日 19:00~20:30(90分)
 全6回 〔9/30,10/7,10/28,11/11,11/25,12/9〕
■受講費
 12,000円(6回分)
 ※ヨガマットの貸し出し有(+500円で6回分)
 ※ヨガマットをお持ちの方は持参OKです!
■場所
 東京都品川区西五反田3-6-3
 大崎第一地域センター 和室
■講師
 和田典子氏(手話通訳士)
■締切
 9月16日(金)
■詳細
 http://shur.or.jp/dsc/?p=498

20160915dcs-yoga-2

ゴールド若葉からの卒業

昨年の9月10日、28歳にしてやっと普通免許を取得したのですが、1年経ったという事で本日より初心者マークから卒業します!昨年、1年間でトータル400km程度しか運転していませんが、初めての運転で200km近く走ったり、2回目で首都高乗ったり、3回目でオートマに慣れずにサイドブレーキをクラッチと間違えて踏んだり、4回目でナビを初体験したりしましたが、結果として無事故無違反で過ごせて良かったです!
ちなみに、原付免許は2008年に取得済だったので、普通免許取得時には既にゴールド免許になっていました!これで、優良ゴールド免許なのに初心者マークを付ける必要があるという矛盾状態から解放されます!免許は種類に関係ないので、普通免許取得時から5年間の更新期間です。ありがたいですね。

これからは、自分の意志で初心者マークを付けるか、付けないか判断できます(1年を超えて初心者マークを付けても違反にはならないそうですので)。しかし、それよりもレンタカーを気軽に借りられるようになる事の方が嬉しいです!1年未満だと、借りる時に警戒されたり、条件が付いたり、時には借りられない時もあるので……。

これからも無事故無違反でいられるように安全運転を心がけたいと思います!