Monthly Archives: August 2014

第31回全国高校生の手話によるスピーチコンテストにてブース出展しました!

2014年8月30日に開催された第31回全国高校生の手話によるスピーチコンテストにて、ブース出展を行いました!
本イベントは「手話の習得やサークル活動に取り組む全国の高校生の活動を奨励し、手話の普及とボランティア活動、福祉教育の推進をはかるため」に1984年より開催されている全国規模のイベントで、シュアールは第28回の技術協力、第29回と第30回のブース出展と四年連続で関わっています。

シュアールグループは、ETIC.主催の社会起業塾イニシアティブにNEC社会起業塾枠で2010年度に参加させて頂きました。これまでも実証実験への機材協力やプレス支援などをして頂いています。その御縁もあり、今年もブース出展にお呼び頂きました(NEC様サイト内プレスリリース)。
今年は例年に比べても多くの方にブースに立ち寄って頂きました。余裕を持って用意したパンフレットがほとんどなくなってしまうほどでした。少しずつITを駆使した手話サービスが定着し始め、ろう者の関心が高まっているからだと思います。これからも手話×ITで、ろう者のインフラ構築を頑張ります!!

これまでは文仁親王妃紀子様が手話で御講演をされていましたが、今年は眞子様が初めて手話で御挨拶をされました。流石に学び始めてばかりという事で、後半は手話通訳を介してのお言葉でしたが、手話界としては大変に嬉しい出来事でした。
そして、毎年の事ながら高校生の皆さんの頑張りには感動させられました!これからも彼らが手話を続けてくれればと思います。
聴覚障がい者で女優の貴田みどりさんの基調講演もありました。これからも様々な分野で活躍するろう者が増えて欲しいですね!

20140831koukoushuwa2
会場に全日本ろうあ連盟の書籍販売コーナーがあったので、全国地名手話マップを購入しました。おまけで、オリジナルのエコバックを頂きました。パンフレットを入れるのにちょうど良いサイズだったのでイベント出展時に使おうと思います。

結果は以下の通りですが、決勝に進出された皆さん、応募をされた全ての皆さん、本当にお疲れ様でした!これからも手話界を盛り上げて下さい!

<イベント情報>
■概要
名称:第31回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト
開催日:2014年8月30日
会場:東京・有楽町朝日ホール

■運営団体
主催:全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社
後援:厚生労働省、文部科学省、テレビ朝日福祉文化事業団、日本手話通訳士協会、全国聾学校長会
協力:東京都聴覚障害者連盟
協賛:NEC

■結果
1位:坂本龍成さん(高知県立安芸高3年)
2位:道見優奈さん(東京都立墨田川高3年)
3位:今野衣都美さん(神奈川県立横浜南陵高2年)
奨励賞:切通幸太さん(福岡県立久留米筑水高3年)、石川真実さん(滋賀県立八幡高3年)

SLintoの使い方に関する動画がアップされました!!

シュアールが運営する手話辞典、SLinto Dictionaryの利用方法に関する動画を、弊社のろうスタッフが作ってくれました!とてもわかりやすく出来ていると思います!
辞典の使い方と単語の登録方法の二本です。ろう者、手話学習中の方に見て頂き、是非ともスリントを試して頂ければと思います。スリントは辞典として音声言語から手話を引くだけではなく、手話から音声言語を引く事も可能になりました。更に、ユーザーが動画を投稿する事で、単語が増える言わば手話版のWikipediaです!

【シュアール】「スリントとは?」(日本手話&日本語字幕)

【シュアール】「スリント〜登録方法について〜」(日本手話&日本語字幕)

SLintoは、まだまだ発展途上のプロダクトでUIも向上させていく必要があります。そのためにも一人でも多くの方に使って頂き、アドバイスを頂ければ嬉しく思います。
http://slinto.com

英語字幕版(手話は日本手話です)もあります。アメリカ版のスリントは既にリリース済みですので、アメリカ人で手話をする知り合いがいる方は教えてあげて頂けると嬉しいです!
ShuR “What is SLinto?”(Subtitle:English)

ShuR “How to use SLinto Dictionary”(Subtitle:English)

一緒に遠隔手話通訳を支える通訳者を求めています!

現在、株式会社シュアールでは2014年度夏期求人募集を実施しております。

遠隔手話通訳は、電話を利用できない聴覚障がい者の代わりにテレビ電話を利用して手話での問い合わせを受けたり、デパートや公共施設で手話通訳者の常駐が難しい場所にiPadなどの端末を通して手話通訳を行うサービスです。海外では既に社会インフラとして定着しており、アメリカでは新人通訳者の多くが遠隔手話通訳事業者に就職しているそうです。しかし、日本では十分に広まっているとは言えないのが現状です。

しかし、2012年6月にJR東日本さんへの対面型遠隔手話通訳導入が始まり、2013年9月から日本財団さんが電話リレーのモデル事業を始め、2013年11月には全日本ろうあ連盟が「ろう者、難聴者にリレーサービスや最新の技術動向に触れてもらい、来る未来のイメージを構築出来るように」と情報アクセシビリティーフォーラムを実施しました。日本でも遠隔手話通訳は着実に広がりつつあります。
当然、事業拡大に合わせてサービスの根幹を担う手話通訳者の確保は欠かせません。遠隔手話通訳はこれまでの実際に現場に出向いて行う手話通訳に比べて、少ない情報で通訳を行う必要があり、幅広いテーマに即座に対応する必要もあります。これまでの一般的な手話通訳とは異なるスキルが必要となり、研修、実習を行う必要があります。
遠隔手話通訳は、聴覚障がい者の新しいインフラとして確実に広がっていくサービスです。一刻も早く多くの通訳者に遠隔手話通訳を経験して頂き、サービス拡大に協力をして頂きたいと思います。

2014年度夏期募集第一期は締め切られ、第二期の募集が今月末に締め切られます。第三期の募集は九月末締切の予定ですが、第二期で予定採用者数が埋まれば第三期は募集を行いませんので興味のある方は早めの応募を宜しくお願い致します。
以下のリンクに条件などの詳細が載っています。是非、一人でも多くの方の応募をお待ちしております!一緒に聴覚障がい者のために遠隔手話通訳サービスを拡大していきましょう!!
http://shur.jp/recruit.html

Nikonアイピース・接眼目当てDK-3レビュー

先日、気が付いたら現在のメイン機ニコンD300Sの接眼目当てがなくなっていました。良い機会なので、接眼目当てを大きめのDK-3に変えてみることにしました。スタジオで撮影する時に隣で撮影している人のフラッシュが気になったり、外でスポーツの撮影をしている時に何かに反射した光が横から入ってきて眩しい事も多かったので。。。

20140810eyepiece1
接眼目当てDK-3を使うには、アイピース(FM3A・NewFM2・FE2・FA用)アイピースアダプターDK-22も一緒にそろえる必要があります(機種によって多少の違いがあるのでNikonのサイトで対応表の確認をお勧めします)。それぞれ500円~1,000円くらいなので、全部で2,000円くらいだと思います。

20140810eyepiece2
アイピースを開けると丁寧に袋に入っていました。確かに指紋が付くと見えにくくなるし、傷が付きやすいパーツですしね。DK-3とDK-22は袋から出すだけでした。

20140810eyepiece3
組み立て方は、アイピースアダプターに接眼目当てを乗せてアイピースで挟んで固定するだけ(アイピース→接眼目当て→アダプターの順)です。DK-3はゴムですので気を付けないと、はめ込む時とちぎれてしまう可能性があります。回す時はアイピースと接眼目当てを一緒に持つようにした方がいいと思います。

20140810eyepiece5
後は、普通にカメラのファインダーに装着するだけです。とても簡単!見た目が少しごっつくなりますが、それがかっこいいという人も多いですね。個人的に持ち運ぶときに邪魔になるかなと思いましたが、特に問題なくカメラバックに収まってくれました。

使用感ですが、今のところ良いです。アイピースのガラスが目障りだというネットの記事も見ましたが、私は気にならないです。ガラス部分は外しても問題ないようですので、気になる方は外しても良いと思います。液晶に顔が触れる面積が少なくなるので液晶の汚れも気になりにくくなりました。夏の外での撮影は汗をかきますからね。。。私はメガネではないのでわかりませんが、ファインダーにメガネが当たって痛いという症状も解消されるそうです。
撮影で周りの光が気になる方、液晶の汚れが気になる方、メガネの方は是非一度、お試し下さい。