Category Archives: Personal

無事に30歳を迎えました!皆様の支えに感謝!!

本日、30歳の誕生日を無事に迎える事が出来ました。これまで大木洵人を公私共に支えて頂いた皆様、誠にありがとうございました。

この10年間、本当に激動でした。大学入学直後の6月に20歳になり、同じ年の8月に手話を始めたので、私の20代は手話と出会い、手話と共に歩んできたと言っても過言ではありません。

(20歳、紅白歌合戦)

20歳の8月に手話を独学で始め、10月に手話サークル『I’m 手話』を立ち上げ、12月に紅白歌合戦にて手話コーラスをさせて頂きました。そして、翌年の5月にシュアールの活動の基となるボランティア団体『手話ネット』を立ち上げました。

(21歳、起業前のスタンフォード大学への短期留学)

21歳の11月に手話ネットを発展させる形でシュアールを創業。本格的に手話ビジネスの世界に入っていきました。
その後は、22歳で学生国際ビジネスコンテストGlobal TiCに日本代表として出場させて頂き、24歳でAshoka Fellowになりました。

(22歳、Global TiC表彰式)

25歳ではダボス会議Global Shapers、Forbes 30Under30 Worldに選出頂き、更に手話通訳士試験に合格し、私自身も手話のプロになりました。

(24歳、Ashoka Fellow選出発表)

その後も神奈川県や群馬県の審議委員やGSC福岡ハブの立ち上げなど、手話以外の場面でも多くの事を経験させて頂きました。アカデミアの分野でも、慶應義塾大学環境情報学部卒業、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所修了、東京大学大学院情報学環教育部修了、そして慶應義塾大学SFC研究所研究員も務めさせて頂きました。

(27歳、ダボス会議GSC東京ハブ1期生卒業式。メンバー全員で”I love you”のアメリカ手話)

そして、20代最後の年、29歳にてRolex賞を受賞させて頂きました。今回もヤング部門として日本人初の受賞で、アショカ・フェロー、フォーブス30アンダー30に続く、日本人初の受賞でした。手話という限られた領域ではありますが、日本人でも世界から注目を集められる事を証明した受賞で、この10年の集大成だったと思います。本当に嬉しい瞬間でした。

(29歳、Rolex Award授賞式)

こうして20代を振り返ると前半は色々な方に期待を頂き、貴重な機会を多く頂きました。それを後半で少しずつ実力を付けて、形にしていった10年間でした。本当に多くの方々の御推薦や御協力で、貴重な機会を頂きました。学生しか参加できないイベントに推薦してもらったり、20代でしかもらえない賞も多く頂きました。逆に、私以外の全員が私の倍以上の年齢のコミュニティに所属させてもらう貴重な経験も多くありました。

(28歳、ダボス会議にて尊敬する起業家、BizReach南さんと。南さんとは実は同じ誕生日)

ここに書いた内容以外でも、一つ一つの活動や賞、カンファレンスなど、お世話になった先生や支援団体の方々、一緒に活動してくれた仲間たち、アドバイスをくれた先輩起業家や色々な気付きをくれた起業家仲間たち、そして、ずっと応援してくれている家族の顔がたくさん浮かんできます。感謝をしてもしきれませんが、御礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました。

(28歳、スポールブールトルコ国際大会表彰式)

その間にもプライベートでは24歳でマラソンを始め、4ヵ月で10キロ減量し、初のフルマラソンを完走、20代では9回のフルマラソン(1回のウルトラマラソン含む)を完走しました。そして、スポールブールを27歳で始め、トルコ国際大会に1度は日本代表として、もう1度は招待選手として出場、合計、金メダル1つ、銅メダル2つ(ラッファ含む)を獲得しました。

引っ越しも2回しました。住んでいた湘南台、川崎には多くの思い出があります。10代では1年のアメリカ生活こそありましたが、海外旅行は4回ほどしか行ったことがありませんでした。20代では35か国以上に100回近く、出張や旅行で訪れたと思います。その都度、色々と学ばせて頂いています。

(29歳、スタッフ合宿にてメンバーと)

この10年間、苦楽を共にしてきてくれた仲間たちには、本当に心から感謝しています。既に次のステップを見つけて旅立った人もいますし、喧嘩別れをしてしまったメンバーもいますが、一人ひとりが本当に大切なメンバーでした。彼らがいたからこそ、ここまで続けて来れました。ありがとうございました。

狙っているわけではないのですが、誕生日近辺に大きな発表をさせて頂く事が多く、2012年には大型提携の発表を、2013年にはJR東日本様への導入に関する発表を、一昨日はソフトフロントジャパンとの協業を発表させて頂きました。来年の今頃には、更に大きな発表ができるように頑張りたいと思います。

これまで20代の私に時間や労力、アドバイスや資金を投資して頂いた皆様に、30代では少しでも恩返しが出来るように、与えられた使命を全うしたいと思います。
今後とも皆さんの御支援、御協力をどうぞ宜しくお願い致します。


2017年6月15日 大木洵人 アテネにて
(パルテノン神殿では伝統衣装での撮影は禁止されていますが、特別に許可を頂き撮影しました)

おじいちゃんの十七回忌

昨日は母の日でしたが、先日、母方のおじいちゃんの十七回忌に行きました。
私が中2になったばかりの春に68歳の若さで亡くなったおじいちゃん。それまで身内が亡くなった事のなかった私は、人の命が有限なのはわかっていましたが、本当の意味で「死」を理解していませんでした。中学生にもなって、おじいちゃんはおじいちゃんとして、ずっといるものだと思っていました。

母の家系は読売系だったので曾祖父や大叔父と同じようにおじいちゃんも最初は読売新聞で働いていたそうです。ただ、麻雀が好き過ぎて脱サラして、地元で雀荘を始めてしまいます。だいぶファンキーな人生ですね。おばあちゃんもだいぶ苦労したと聞いています、汗。父も脱サラプロゴルファーなので、私が手話で起業したのは血筋でしょう……。時代もあるとは思いますが、就職すらしていないので、私の方が我儘を言わせてもらっています。


おじいちゃんには小さい時から可愛がってもらいました。母は姉妹、更に叔母さんも三姉妹を産んだので、おじいちゃんからすると血の繋がった男の子孫は、男孫の私だけでした。スポーツ好きだったので、私が中1の時にソフトテニスで県大会3位になった時は本当に喜んでくれました。おじいちゃんが知っている私の人生は、そこまでです。高崎高校に進学した事も、アメリカに留学した事も、慶應義塾大学に合格した事も、起業した事も知りません。そう思うと、もっと長生きしてほしかったと心から思います。

私は宗教を持っていないので、死生観などは個人的な感覚なのですが、今でもおじいちゃんが常に近くで見守ってくれている気がします。顔を見る事も、声を聞く事も、触る事ももう出来ませんが、今でも応援してくれている感覚があります。これからもおじいちゃんに良い報告が出来るように日々頑張っていきたいと思います。

『絹谷香菜子展 —GUARDIAN—』に感動しました!

世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)がイニシアティブを取るグローバルシェイパーの福岡ハブ仲間、絹谷香菜子さんの個展に行ってきました!一言でいうと、圧倒されました!


“絹谷香菜子展 —GUARDIAN—
1985年東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了。動物や鳥をモチーフに、森羅万象の生命の尊さを壮大な世界観で表現しています。墨の濃淡や筆跡だけとは思えぬほどの迫力ある作品を描き、日本画壇の次世代の担い手として注目を集める氏の、待望の日本橋三越本店初個展です。本展では、新作を中心に約25点を一堂に展覧いたします。”(三越WEBより引用)


会場は日本橋三越本店の本店 美術特選画廊です。本当に多くの著名人から花が届けられていました!凄い!の一言!!


今回の個展の目玉は、十二神将・干支をモチーフにした作品!1枚だけでも繊細かつ力強い絵が、12枚揃うとそのパワーに、一気に香菜子ワールドに引き込まれます!


そして、こちらも新しい試みだという、窓から覗く動物たちのシリーズ。彼女の絵の特徴でもある動物たちの眼力がとても活かされた素晴らしい作品でした。


更にコンピューターグラフィックスの作品も!同じ絵が全く違った温度感の持った絵に切り替わります。常にほどよく変化する作品は、同じ絵なのにずっと見ていられます。
展示会は今週末を含む4月18日(火)まで開かれているので、是非足を運んでみて下さい!!期間中は基本的に香菜子さんが出迎えてくれると思います。本人は力強い作品からは想像もできないほど天然で可愛らしい人です。

<絹谷香菜子展 —GUARDIAN—概要>
日時:4月12日(水曜日)〜4月18日(火曜日)
10:30〜19:30まで(最終日は5時閉場)
場所:日本橋三越 本館6階 美術特選画廊
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
入場無料


先日、二人で飲んだ時もバカな話しかしていなかったのに、この間も作品を作っていたと思うと申し訳なくなる……。けど、お疲れ会でまた飲もう!!笑。まずは、福岡ハブの合宿で!!

CREA2017年3月号に記事が掲載されました!

普段、あまり女性誌に記事が掲載される事はないのですが、先週発売されたCREA 2017年3月号に記事を掲載して頂きました。女性誌という事もあり、男の人は手に取った事は少ない雑誌だと思います。私もコンビニとか美容院で見た事はあるけど、手に取ったのは初めてでした。


実際に購読者の大半が30代、40代女性だそうです。毎回、かなり作りこんだ良い特集をする雑誌として定評があるそうです。
ただ、今回はアニメ特集でクレアとしてもだいぶ珍しい企画だったようです。


その中でロレックス賞に関して見開き2ページで記事にして頂きました。1ページ目は、ロレックス賞自体の説明とシニアの受賞の事業内容の紹介です。


2ページ目はヤングの記事が半分、日本人として受賞した事もあり、私の記事に半分を割いて頂きました。ありがとうございました。
把握しきれませんが、今回の様に私の記事も各国の雑誌に載っていると思うと改めてロレックス賞の影響力は凄いと感じました!

クレアはコンビニでも売っているので、普段は手に取る事の少ない男性の皆様も、是非ご覧頂ければと思います(今回はアニメ特集ですのでアニメ好きの方も!)。ちなみに、kindleやkoboなどの電子版もあります。
今回の様に、普段なかなかリーチ出来ない30代、40代の女性の層にもシュアールの事を知って頂く機会を頂き、嬉しく思います。

<以下、商品紹介引用>
このところ、何かとアニメが話題です。
『君の名は。』のあとも、劇場公開の話題作がいろいろ。夜ふかししてTVをつければ、ますます眠れなくなる深夜アニメもやってます。
リアルなキャラの動き、目に焼き付くビジュアル、声優たちの名演技、心洗われる感動のストーリー。
アニメ好きな人も、大人になってアニメから離れてた人も、みんなを夢中にしてくれる、素敵すぎるアニメの世界へ!

COVER
「君の名は。」のキャラクターデザインを手掛けた田中将賀さんが女性誌初の表紙描き下ろし!

SPECIAL付録
『ユーリ!!! on ICE』勇利&ヴィクトルポストカード
※電子版には紙版の付録はつきません。

PRESENT
神木隆之介、山﨑賢人、高杉真宙、島﨑信長、柿原徹也の直筆サイン入りポラロイドを抽選で各3名様にプレゼント!

アニメ×リアリティ 久保ミツロウほか『ユーリ!!! on ICE』
アニメ×スタイル 新房昭之『3月のライオン』『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』
アニメ×マンガ1 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』『舟を編む』
アニメ×地方の風景 長井龍雪×岡田麿里×田中将賀『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』
アニメ×つくってるとこ 『鬼平 ONIHEI』
アニメ×新海誠 『君の名は。』38の質問
アニメ×舞台 櫻井孝宏『有頂天家族2』
アニメ×文学 森見登美彦『有頂天家族』『四畳半神話大系』
アニメ×フード 文・福田里香/アニメ×ファッション 伊賀大介
アニメ×アイドル 『ツキウタ。 THE ANIMATION』『アイドリッシュセブン』『MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang』
アニメ×青春 マーティ・フリードマン『けいおん! 』/アニメ×音楽 選曲・文・冨田明宏
アニメ×ごはんとおやつ 梅本ゆうこ『幸腹グラフィティ』『甘々と稲妻』
アニメ×声優 高畑充希×神山健治『ひるね姫~知らないワタシの物語~』
声優×キャラクター “この組み合わせが神だった”リスト
アニメ×夜ふかし サンキュータツオ×藤津亮太「俺たちの深夜のお楽しみ。アニメ界を変えた“ノイタミナ”」
アニメ×マンガ2 オノ・ナツメ『ACCA13区監察課』
アニメ×挑戦 日本アニメ(ーター)見本市
アニメ×キャラクターデザイン 田中将賀

INTERVIEW
のん「最近、ずっとアニメDVDをリピートしてます」
高杉真宙「アニメから台詞の言い方や演技を研究したことも」
今すぐアニオタになれる用語解説A to Z
島﨑信長、柿原徹也「人気声優の素顔」
あの人の好きな作品をリサーチ「このアニメに夢中」

HOW to WATCH ANIME for LADY
はじめての大人アニメガイド

INTERVIEW
神木隆之介「僕には芝居しかない」
山﨑賢人「22歳。等身大の僕」

新連載第2回
宮藤官九郎の「最近、いつ笑いました?」 笑福亭鶴瓶 後篇

この雑誌について
日常のその先を今らしく切り取るカルチャー&スタイル誌

National Geographicに記事が掲載されました!

昨日、発売されたナショナルジオグラフィック日本版2017年1月号ロレックス賞に関する記事が掲載されました。
ナショナルジオグラフィックのグローバルスポンサーであるRolexの記事体広告として、ロレックス賞に関する記事が掲載され、私が今年の受賞者として紹介されています。


National Geographic本社のCEOとは、先日の表彰式でも御挨拶をさせて頂いていました。こういう出会いが繋がっていくのは嬉しいですね。
フォトジャーナリストを目指していた頃に憧れていた媒体だったので、形は変わりましたが関わる事ができて、とても感動でした!2016年、最後に嬉しいニュースでした!


ちなみに、今回のナショナルジオグラフィックは「ジェンダー革命」というテーマで、一冊丸々、多様化する性について取り上げています。ろう者はLGBTがとても多いと言われているので、このタイミングでの記事掲載は運命的なものを感じました。大変に読み応えのある内容となっているので、是非とも手に取って頂ければと思います。