週刊ジョージアに手話通訳士としてインタビューされました!

缶コーヒー「GEORGIA」のメディア、週刊ジョージアの『働キング』というコーナーにて、手話通訳士としてインタビューを受けました。手話通訳士として受けていますが、実際にはシュアールグループの代表として受けている感じですが……。とはいえ、手話通訳士としてインタビューを受けたのは初めてかもしれません。
第128号の表紙で、俳優の山田孝之さんに手話をして頂きました。純粋に嬉しい!更に「目で聞く。心で話す」という見出し!別に心で話しているわけではない、という突っ込みは置いておいて、カッコいい!手話通訳士の仕事を、魅力的に取り上げて頂けて、ありがたいです!

20160802Georgia-1
週刊ジョージアのポータルサイト上にインタビュー記事があります。日に日に新しい記事が掲載されるので、流れてしまうかもしれません。私のインタビュー記事への直リンクはここです。

20160802Georgia-2
更に、週刊ジョージアは専用のアプリがあり、そちらでも読むことができます。是非、ダウンロードしてみてください!iPhoneでも、アンドロイドでも利用でいるようです。
iOS版はこちら、android版はこちらです!

20160802Georgia-3
タイトルは『僕は手話で食べていく!若きパイオニアの物語』とかなり挑戦的!内容もかなりドラマティックに書かれています!しかし、福祉系の記事によくある硬い文章ではなく、かなりポップに書かれているので読みやすい内容になっていると思います。
手話はボランティアと思われがちなので、手話通訳士が仕事として取り上げられることはとても少ないです。更に、とても保守的な世界で、自らの仕事の事をこういったメディアで語る手話通訳士も少ないでしょう。創業代表としてシュアールグループを率いる役割以外に、しがらみがなくて、若くて、(バカな)一手話通訳士として手話の仕事を発信するのも、私が社会に対して出来ることの一つだと今回は認識させてもらいました。

20160802Georgia-4
最後に、アプリに写る山田孝之さんの表紙とジョージアと一緒に!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *